賃貸物件の供用施設〜充実してほしいサービスはこれ〜

あとで読む

以前の入居者が放置した備品

エアコンや照明器具、カーテンレール、冷蔵庫など、多様なバリエーションの設備やアイテムが、賃貸物件に入居した当初から存在しているケースは少なからず見受けられます。
それらの備品などの中には、物件に付帯するものとして、契約書に文言が盛り込まれているものも少なくないと思われます。
しかしながら、そのような取り扱いではなく、以前の入居者が退出する際に、運び出さなかったために、室内に放置されたままになっているケースも数多く存在するという話です。
そのように、付帯設備として認められていないアイテムに関しては、無条件に受け入れてしまうと、後々になって無用なトラブルに巻き込まれることにもなり兼ねませんので、気をつけない訳にもまいりません。
例えば、それらのアイテムが故障したり、デザインやカラー、使い勝手などが自分の趣味・趣向、適正、ニーズなどに合わなかったりして、利用価値が下ったり、無くなったりした時に、処分するための時間やエネルギー、コストを負担しなくてはいけなくなるリスクが低くありません。
特に、冷蔵庫やテレビなどといった、特別に定められた家電製品は、粗大ごみなどに出すことが出来ず、所定の引き取り料金を支払って、専門業者などに引き取ってもらうことが必要になると、家電リサイクル法と呼ばれる法律で定められているということなので、気をつけて対応しなくてはいけません。
そのような事態を招かないようにするため、アイテムの稼働状況や利用価値などについて、入居前に物件の下見をおこなう際など、早い段階で入念にチェックしておくことが重要なファクターになってくることでしょう。
そして、その時点で、故障していて使えなかったり、自分には必要性が感じられなかったりした場合には、家主や管理会社のスタッフなど、物件管理者に申し出て、撤去してもらうように依頼すると良いでしょう。
その時に、いい加減な対応をして、そのような状態を放置しておいて、入居した後から苦情を言ったとしても、本当に入居した当時から存在したものかどうかを疑われたり、引き取りを認めてもらえなかったりするなど、面倒なことになる可能性が低くありませんので、注意を払わなければなりません。
そして、自分が物件を退出する際には、自らの私物を部屋の中に放置しようとすると、管理者のチェックを受けた時に指摘され、あらためて運び出すことが必要になる事例も少なくないそうですから、気をつけましょう。

Copyright (C)2017賃貸物件の供用施設〜充実してほしいサービスはこれ〜.All rights reserved.