賃貸物件の供用施設〜充実してほしいサービスはこれ〜

あとで読む

資産的な価値の問題

一般的に、物件を購入するのと、賃貸するのとでは、資産的な価値に大きな違いがあると言われております。
まず、一戸建ての購入物件の場合には、土地と建物の両方の所有権を得ることが可能になります。
したがって、長い年月の経過や、たび重なる使用によって、建物や設備、備品などが老朽化し、価値が下がったとしても、土地の価格はそれほど下落するとは思えませんので、多様なバリエーションの運用方法を検討することが出来ると考えられます。
そして、一軒家を購入すれば、他の人の顔色をうかがったり、意見を聴いたりすること無く、自らの意思だけで増改築やリフォーム、建て替えなどをおこなうことが出来るというアドバンテージがあります。
また、分譲マンションなどを区分所有者として利用する場合、住居スペースを私有財産とすることは出来るものの、廊下や階段、屋上、玄関ロビー、多目的ルームなどといった共用部分や、土地は、すべての入居者が共有することになります。
そのような事情から、一戸建てと比べれば安いイニシャルコストで購入することが出来るという利点がある反面、建物の増築や改築などをおこなう際に、すべての区分所有者が意見を同じくしなければ、着工することが出来ないケースが多く、話し合いが難航することが少なくないというデメリットがありますので、気をつけなくてはいけません。
次に、賃貸物件の場合は、居室内のプライベートスペースや共用部分を使用するためのレンタル料金を、月々の家賃や共益費などといった形で支払うことになります。
したがって、それらのコストをどんなに長い間払い込み続けたとしても、居住スペースや建物、土地などが自分のものになることはありません。
とは言うものの、物件を一括払いで購入する場合には、多額の初期費用を用意する必要がありますので、注意する必要があります。
そのようなリスクを軽減するために、住宅ローンを組む消費者は少なくありません。
よって、購入・分譲住宅の場合には、月々のローン返済額や固定資産税、マンション管理組合へ支払う修繕積み立て金などを負担することが必要となります。
それに、ローンの支払い義務は、その物件を退出した後も残存することになりますから、気をつけることが必要です。
そういう意味では、住宅を買う場合には、借りるよりも一層の注意を払い、間違いの無い物件選びをすることが極めて大切なファクターになると言って良いでしょう。

Copyright (C)2017賃貸物件の供用施設〜充実してほしいサービスはこれ〜.All rights reserved.