賃貸物件の供用施設〜充実してほしいサービスはこれ〜

あとで読む

宿泊施設と短期賃貸マンション

購入・分譲住宅に比べて、賃貸物件の場合、入居したり、退出したりする時の審査や手続き、コスト面のハードルが低く、フットワークが軽くなるというメリットがあります。
そのような事情から、比較的短いスパンでその種の物件を利用し、小刻みに住居を移転する人たちが少なからず見受けられます。
例えば、バリエーション豊かな数多くの場所へ引っ越すことを趣味とする人や、仕事の都合上、赴任先が頻繁に変わるビジネスワーカー、移り気や気まぐれ、もしくは飽きっぽい性格の人などの中には、そういう風に度々住む場所や物件を変更する人が多いように思われます。
ただし、いくらハードルが低いと言っても、賃貸物件の入居契約をする際には、連帯保証人を立てて事前審査を受けたり、契約書類を作成したり、日割り家賃や前払い家賃、敷金、礼金、保証金、損害保険料、鍵の交換代金など、さまざまな名目のイニシャルコストを支払ったりすることが必要になります。
また、退出する際には、退去予定日の一か月前までに物件の管理者へ連絡を入れ、室内の荷物をすべて運び出した後に、家主や管理会社のスタッフ立ち会いのもとで現場確認をしてもらうことが必要とされます。
それら諸々の事柄をおこなうために要する時間やエネルギー、コストのことを考慮すると、ある程度までの短い日数、宿泊をするためには、賃貸物件ではなく、ホテルや旅館、民宿などといった宿泊施設を利用した方が良いケースも少なからずあると思われます。
そういった施設の場合には、無審査で一泊から利用することが出来ますし、高額な初期費用を払い込む必要もありません。
ただし、その分だけ割高な宿泊費用が設定されており、利用機関が長くなればなるほど、多くの金銭的なデメリットを被ることになりますので、注意しなければなりません。
また、それらの宿泊施設と、賃貸住宅との中間的なポジションに位置する、ウィークリーマンションやマンスリーマンションなどといった「短期賃貸マンション」と呼ばれる形態の住居も存在するそうです。
それらのマンションの中には、旅館業法に基づいて運営されているところと、賃貸業法に則っているものとの二種類があり、それぞれ、事前審査の有無や手続きの方法などに少なからず違いが存在するということです。
ただし、その物件が、どちらの業法に基づいて運営されているのかを、一般的な消費者が、外見的な特徴から判断することは難しいと言われています。

Copyright (C)2017賃貸物件の供用施設〜充実してほしいサービスはこれ〜.All rights reserved.